良質なジーンズを探し求めて…●中延ニョキニョキ会002

なかのブロガーの皆さま、お待たせしました!
中延ニョキニョキ会です。
中延商店街ブログ第1回目の記念すべき店舗は、ジーンズショップのSUZUYAさんです。

リーダー: さっそくですが店舗の魅力をガンガンお伝えしますね。その前に、ブログを書くにあたり私のアシスタントとしてインタビューなどをしてもらう人をご紹介します。NOBUKOさん、通称NOBUさんです。
NOBU: 初めまして、なかのブロガーの皆さま! 今日から私は中延商店街の魅力をリーダーと共にガンガン伝えていきたいと思いま~す! ヨロシクネ。でもその前にもう一人紹介したい人がいるの。私の親友で自称商店街評論家のA嬢さんで~す。こんにちは!
A嬢: ……どうも。早く紹介したら。ジーンズショップの魅力ってやつを。
NOBU: そうね。ではこのジーンズショップのSUZUYAさんってどんなお店か皆さん知ってました? 実は創業したのが戦後間もないころですって。すごいでしょ! 創業当時は、肌着やハンカチ等を取り扱うお店だったそうで、40年前に現在のジーンズショップに切り替えて今も尚、語り継がれてきている老舗なんです。

f0111420_18105123.jpg

(写真●中延デニムショップ代表「スズヤ」)

A嬢: 肌着とハンカチからジーンズね、想像もつかないわね。それで?
NOBU: そんなSUZUYAさん、現在の店長は青山さん。青山さんが手がけるようになって16年も経っているそうです。16年前はどんなジーンズを仕入れて販売していたのでしょうか?
リーダー: 当時はリーバイス、BOBSON、BIG JOHNなどから取り扱いを始めたらしいよ。現在では店長の嗜好で店舗のコンセプトを創りあげているそうだよ。
A嬢: ジーンズって、どうせアメカジショップでしょ。 
NOBU: そう、アメカジよ。でも、ジーンズとカジュアルも取りそろえているので、コテコテなアメカジじゃないのよ。ソフトなアメカジよ。
でね、店長はバイヤーもやってて、仕入れるジーンズはスポットで流行りに乗ったジーンズではなく、年間で定番なモデルを多く取り揃えてあるの。 
だから、地域のお客様にじっくり見て買っていただく商品が多く置いてあるのが魅力でしょ。したがってここで洋服を買えば間違いナシってことよ!
A嬢: そうかしら、最近は980円のジーンズが定番よ。
NOBU: そうね。でもね、高価なジーンズが売れなくなってしまったわけでもないのよ。980円で売り出してもらったお陰で、ジーンズの知名度が上がりジーンズを履く機会が増えてきたってことなの。
だから、ジーンズを履かなかった人達もTPOに合わせて安価なジーンズと高価なジーンズとを履くようになったのよ。だから高価なジーンズを買うならココってことよ。
A嬢: あ、そっ。たいした違いはなさそうね。
NOBU: ちょちょちょちょ(汗)。素材が違うの、ソザイが・・・。重要なのはジーンズの風合いよ。それをだすための縫製技術が、ぜーんぜん違うの。ジーンズは履けば履くほど「味」がでてくるのよ。ジーンズはそれを楽しむ物なの。
A嬢: そんなの面倒よ、初めから風合いがあるのにするわ。
NOBU: 分かったわ。じゃこれを見なさい! じゃじゃ~ん。店長の一押しジーンズ、
エドウィンのブルートリップシリーズ

f0111420_1811673.jpgf0111420_1811135.jpg

(写真●青山店長イチ押しの「EDWINブルートリップシリーズ」。15,750円)

リーダー: 「デニムが旅をするとどうなるか」がコンセプトのジーンズだね。
ジーンズを履いて旅をするとこんな色落ちをする。それを再現したジーンズってこと。
  A嬢: 私、そんなボロボロになるほど貧乏な旅行はしなくってよ。他にはないの?
NOBU: 貴女にはボロボロに見えるのかもね(笑) じゃあリーダーおすすめのこっち、
リーバイスのメキシカンシリーズ507ブーツカット
517に比べるとややストレートに近くて足が長く見えるのが特徴的。
あと、リーダーが着てるキャメルのレザージャケット (ヒロミチ中野さんとかの洋服を作っているメーカー)

f0111420_18112115.jpgf0111420_18112930.jpg

(写真●中延ニョキニョキ会リーダーが選んだ
「リーバイスのメキシカンシリーズ507」。15,750円)

A嬢: そうね~ レザーは牛革かしら?私、革しか嫌よ。
NOBU: レザーは合皮よ。でもね本革の場合、お手入れが大変で突然の雨なんかは駄目になってしまうわ。
だから気軽にお洒落を楽しむなら合皮のレザーで十分。価格も安価だし、浮いたお金で他の物も買えるわ。
お洒落はコストパフォーマンスで選ばなきゃ!
A嬢: そうね説得力あるわ。でもジーンズばっかで結局アメカジじゃない。
NOBU: ……貴女の格好どう見てもアメカジよ。
A嬢: あっ、このベルトお洒落~。店長このベルトくださ~い。

f0111420_18114119.jpg

(ベルト、4,095円)

NOBU: まったくいつもの調子ね。
リーダー: やれやれ、二人ともなんだかとても楽しそうだったね! 店長、長い時間お付き合いいただきありがとうございました。ジーンズやチノの定番商品はやっぱり外れがないですね。店内も落ち着いていて気軽に見て試着して納得の洋服がトータルで購入できるお店だな~って感じます。
それが商店街ならでは、ジーンズショップの「魅力」ってやつですね!

(中延ニョキニョキ会)

ジーンズショップスズヤの店舗情報→
http://www.nakanobu.com/article/0004729.html

[PR]
by nakanobuskip | 2009-12-07 09:35 | 「Futabaプロジェクト」便り
<< 豪華な賞は、いまだ出ず●現金つ... 手織展、日曜日まで●甲州屋陶器店 >>