めがね、かけたほうがいいかな

友人が先日、身体検査で視力を測ったところ、「2.0」だったそうです。
わたしと同い歳(30歳)で、視力2.0。
けっこう珍しいんじゃないでしょうか。

友人は中学生のときからずっと「2.0」だそうで、
でも「数年前から、視力はだいぶ落ちている気がする」と言っているので、
実は以前は、サンコンさん並に「6.0」くらいあったのかもしれません。

さてわたしの視力は、最近は測っていないので正確にはわかりませんが、
だいたい 0.1~0.2 くらいだと思います。
テレビを見るとき以外は、裸眼です。

ところで商店街を歩いていると、いろんな方から「おはよう」「こんちわ」と
声をかけていただきます。

最近は、すれ違いざまに、声をかけていただくことが多いです。
というのも相手は、もう10メートルも遠くから
わたしを認識してくださっているようなのですが、
わたしは10メートル先のひとだと、顔が見えず、誰だか分かりません。
かなり近づかないと、相手を認識できないんです。

わたしの目が悪いことを、商店街の方々も最近はご存知のようで、
遠くからではなく、すれ違うときに、声をかけてくださいます。

ひとつ気になっていることは、誰かがわたしに声をかけようとして、
でもそのときわたしは、ぜんぜんあらぬ視線を先にすえている
可能性があるということです。

相手は「無視された」と感じるかもしれません。
わたしが近視だと知らない方だと、その可能性は高いはずです。

もしそういうことがあったら、ごめんなさい。
近視のせいで、気がついていないだけなんです。

ということで眼鏡をかけたほうがいいんでしょうが、
あまり気がすすみません。

体に何かをつけるのが苦手です。
時計とか指輪とかも、ほとんどしません。
目に関してはとりあえず、見えないくらいがちょうどいい、と思っています。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
[PR]
by nakanobuskip | 2007-10-20 11:09 | 日記
<< 焼き栗アンパン、登場●ベーカリ... 風をさえぎりムレを防ぐ、快適ジ... >>