地域団体商標制度/ブランド/日常品

2006年4月に始まった地域団体商標制度ですが、
これまでに約600件の商標申請があったそうです。
現在までに、52件が地域ブランドとして特許庁に認められたそうです。

この制度自体が良いか悪いか、私にはよくわかりません。
ただ、ブランドを追求するのが、これからの商店街のあり方だと言う人がいます。
これについて私は、はたしてそうだろうか?と思っています。



ブランドは本質的に、商品そのものの価値と同時に、
ひとの幻想性に由来する価値を加えて、価格に反映させます。

ブランドの代表格、シャネルやルイ・ヴィトンは、商品そのものの価値に、
ブランド料(?)を上乗せして、販売しています。
ひとの幻想性、つまり西欧的な美の世界(?)をひとつの「信用」として、
ブランド料として加算しているわけです。

中延を広く知っていただくために、そしてお客さまとのひとつの接点、窓口として、
ブランドを構築することはとても重要です。

同時に、地域に信頼され、日常的に買っていただける商品をつくることが、
私たち商店街の役目です。

そして、いちばん大事なことは、ブランドをつくること、ではなくて、
信頼され、期待される商品をつくること、です。
地域に信頼される商品をつくり、売っていくことができれば、
あえてブランド化する必要は、ないかもしれません。

信頼される商品をつくり続け、その結果として、
ブランドが成立することは、いいことだと思います。
でも、初めからブランド化を目指すことは、どうでしょうか。
お客さまは、それを望んでいるでしょうか。

地に足のついた生活を支える日常品を追求する。
それが商店街のいちばん大事な役目だと、私は思っています。

何が言いたいか、まとめますと、
ブランド化によって付加価値をつけることを「目的」としては、見誤る。
ブランドは、信頼される商品づくりの結果としてある、ということです。

今日は、個人的な「ぼやき」です。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
[PR]
by nakanobuskip | 2006-12-07 17:03 | 日記
<< 温かくて、ふわふわ「のし餅」の... 店のイチ押し「一店逸品」[第1... >>