救命講習を受講

先月、丹沢を登山中に、前を行く60歳代の男性が心不全で倒れ、
ヘリコプターで病院に運ばれるという事故に遭遇しました。
ヘリ到着までの1時間30分ほどの間、偶然居合わせた者同士で、
心肺蘇生にあたりました。
(ひとり詳しいひとがいたので、その彼に多くを頼りました。)

突然倒れたその男性を前に、知識の不足などから積極的な救命処置が
できなかったため、おととい、荏原消防署が実施する救命講習に参加しました。

講習では、人工呼吸と胸骨圧迫の方法、AEDの操作などを、
わかりやすく教えていただきました。
参加者が10人と少人数なので、一人ひとりの実技の時間も多くあり、
たいへん勉強になりました。

荏原消防署実施の救命講習のスケジュール→
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ebara/kyuukyuu/kousyuu.html
[PR]
by nakanobuskip | 2010-05-17 17:21 | 日記
<< 空き容器回収機「エコスポット」... 母の日の鉢植えが、あっという間... >>