第50回記念・中延寄席の演目

f0111420_10555318.jpg

(写真●寄席の後、出演者を中心にして、サンタフェで打上げ。
市馬さんの甚句も盛り上がりました)

おととい水曜日は「第50回記念・中延寄席」でした。
客席は超満員(約130名さま)。
にぎわいあふれる寄席となりました。

お客さまには寒いなかお越しいただき、ありがとうございました。

11/18(水)の演目●
柳家おじさん 「平林」
柳家ほたる 「反対俥」 
柳家我太楼  「短命」
柳亭市馬  「片棒」 (甚句の美声と勢いに圧倒される)
柳家権太楼 「猫の災難」 (少しずつ酔っていくさまがリアル)

f0111420_10502229.jpg

(写真●中延寄席50回記念冊子。表紙イラストは権太楼師匠の描かれた自画像)

f0111420_10515480.jpg

(写真●見返しに紅葉模様の和紙を使い、秋をイメージしました)

今回は第50回記念の中延寄席。
50回すべての演目と出演者を載せた全8ページの冊子を、
200部、手づくりして、お配りしました。
奥付に師匠の直筆サイン入り。希少です。
以下、野暮ですが覚書として制作費内訳を記しておきます。

・用紙代(表紙、裏表紙) 16,275円 ←湖上の水面模様の和紙
・用紙代(見返し) 10,290円 ←紅葉模様の和紙
・用紙代(本文) 3,470円
・布製本テープ 5,833円
・用紙&製本テープ 一式 4,860円 ←試作品作成の経費
・書籍1,850円 ←師匠の本と製本マニュアル
レイアウトとデザインは筆者。製本は中延寄席をとり仕切る荒井さんです。
[PR]
by nakanobuskip | 2009-11-20 11:56 | おしらせ
<< 学生さんに記事を書いてもらいます 年一度の全品3割引●豆のさがみや >>